プロローグ

1/6
208人が本棚に入れています
本棚に追加
/36

プロローグ

岸「ここを、こんなにして」 冷やかな言い方のようで、僕をあおる手つきは、ひどく優しい。 岡野「だって、直哉さんが……」 岸「いけない子だ。まさか、こんなにみだらな体とはな」 言葉責めに感じて、体がますます濡れていく。 岡野「言わないでよ」 岸「嘘だな。お前は、言えば言うほど感じて、肌を上気させて、奥から私にからみつく」 岡野「んっ」 手が離れ、今度は足を取られる。 この後にくる甘い責め苦を思うと、心の奥から震えて力が抜けていくーー。 岡野(直哉さんと、こうやって結ばれるなんて……。もう昔には……戻れないよ)
/36

最初のコメントを投稿しよう!