第2話

1/9
206人が本棚に入れています
本棚に追加
/36ページ

第2話

今日は出社するなり、社長室へと呼び出された。 岡野(なんだろう?) オフィスを横切りながらちょっと不安に感じるから、ポケットの中のストラップをそっと撫でた。 今はふたつおそろいのが入ってる。 岸「岡野、お前も呼ばれたのか?」 岡野「あ、岸さん」 (今朝も、朝からさわやかにきれいだなぁ……) 岸「となると、大した用事じゃないのかな?」 岡野(性格のきつさも、朝から衰えず……) 苦笑しながら、僕は先に立って社長室の扉をノックした。
/36ページ

最初のコメントを投稿しよう!