第3話

1/11
205人が本棚に入れています
本棚に追加
/36ページ

第3話

岡野「す、すみません。僕、とんでもないこと……」 夜のオフィスに、僕の情けない声が響く。 岡野(どうしよう。この書類を作るのに、たっぷり半日はかかったのに……それに、これってかなり大事なプレゼンの資料だよね) 喉がカラカラに乾いてきて、ひりつくようだ。 岡野「どうしましょう。喜多嶋社長は社運がかかっているって」 岸「あの人は、いつもそう言うんだ。が、今度は大げさじゃないかもな」 岡野「……やっぱり、まずいですよね」 (声が震える……頭の中が熱い……) 岸「やってしまったことは仕方ない。とにかく、今からやり直しだ。帰れるとは思うなよ」 岡野「はい。本当にすみません!!手伝っていただけますか?」 恐る恐る言うとーー。 岸「当たり前だ。お前だけの仕事じゃない」 きっぱりとフォローの言葉をくれた。
/36ページ

最初のコメントを投稿しよう!