第1話

1/10
206人が本棚に入れています
本棚に追加
/36ページ

第1話

それはよく夢にまで見る幼い頃のシーン。 のどかな広い空き地。 そこで、僕は近所のお兄ちゃんと、いつものように遊んでいた。 岡野「お兄ちゃん、お兄ちゃん。待ってよ」 ???「ダメだよ、ヒロ。ついて来ちゃ」 岡野「置いて行かないで?」 ???「あ、そこはダメだ!!」 岡野「きゃあっ!!」 あの後、庭に立てかけてた木材が倒れてきて、それをかばったお兄ちゃんは背中に傷が残るようなケガをした。 両親が事故で急死して、預けられていたおばあちゃんの家。その近所にいたお兄ちゃんの記憶だ。 あれから、ずっとお兄ちゃんには会ってない。
/36ページ

最初のコメントを投稿しよう!