再会

11/12
60人が本棚に入れています
本棚に追加
/12ページ
晃大が参ったあとに、お墓の前に私は手を合わせ、 亡くなってから 初めて声を出して名前を呼んだ。 「…………晃志………」 夫の名前を最後まで呼べなかったのは あなたがまだ 私の中で鮮明に生きていたから…… もう、会えないと、 ただ、ただ悲しくて 昔は思い出を封印することだけを考えていた。 だけど、 やっぱり、 " 晃志に会えてよかった……" 「美咲…」 「…………ん?」 晃大が私の後ろに立ったまま、肩に手をそっと置いた。 「いま、幸せ?」 少し落ち始めた夕日が、 晃志の眠る場所に長い影を落とす。
/12ページ

最初のコメントを投稿しよう!