忘れられない景色

44/44
625人が本棚に入れています
本棚に追加
/46ページ
冗談ぽく言っているけど、洒落にならないセリフ。 「残念ですが、美鈴の横は私の場所ですから」 笑顔で私を引き寄せる課長。 にこやかな顔に見えてものすごく怒っているのがわかる。 「冗談ですよ。美鈴ちゃん、幸せになってね」 「はい、ありがとうございます」 式場の係員に促されて、チャペル前の大階段へ。 フラワーシャワーの舞う中をゆっくりと降りていく。 「もし、これが夢だったらどうしますか?」 「必ず現実にしてみせるさ。俺を甘く見るな」 まっすぐ前を見据えて自信たっぷりの課長。 澄み渡る空と私が大好きな課長の表情。 この景色を一生忘れない。 fin .
/46ページ

最初のコメントを投稿しよう!