かかあ天下ってのは、うちの女房は天下一って意味なんだよ?

24/27
8269人が本棚に入れています
本棚に追加
/1179ページ
その後は閉会式だかが本来はあったのだが、まぁハプニングの関係でそれは中止となり、一同はそのまま解散。 事態の説明についても改めてまた後日となり、俺達四人+アキラ君は未成年者引き取り関連の事務手続きを終え、訓練所内の応接室へと通された。 ここでスノーさんが待っているらしい。 「やっぱり緊張するね。」 「・・・。」 小鳥さんにシカトされてる・・・。 「そ、そうっすよね!緊張するっす!」 「そうだな、緊張するな。 ミカオ、ゴー。」 コンコン。 「どうぞ~。」 中からスノーさんの声。 「わんっ。」 ミカオ君をじろりと睨み、黙っている。 怖い。 「・・・・・・ミカオ君と言ったわね。 わんとはどういう意味?」 「す、す、す、す、スワヒリ語で失礼しますっ!て意味です!育ったのがスワヒリでしたのでつい口に出てしまいましたっ!すんませんっ!!」 だらだらと汗を垂らすミカオ君。 「・・・スワヒリは文明の言葉であり、現代の地名を表す言葉ではありません。 ・・・さて。どうします? 今ならまだ間に合いますよ?」 冷静かつ冷徹な声質。冷気すら感じる。 「ごめんなさいーーー! つい間違えて口が滑って、嘘つきましたっ!!」 あ、土下座してる。 「よろしい。今度からは素直に謝りなさい。 さて、皆さんはそこのソファーにお座りください。ミカオ君以外はね。」 「お、俺はどこに・・・。」 「わかるわよね?」 ぎらりと光る眼光に、そのまま床で正座を続けることを決めたミカオ君。 怖すぎる。 「それでは本題です。 まずはゆうすけさん、最後あんな形になってしまったけどトーナメント優勝おめでとう。 」 「あ、ありがとうございます。」
/1179ページ

最初のコメントを投稿しよう!