プロローグ

1/6
145人が本棚に入れています
本棚に追加
/36

プロローグ

葛原さんの鍛えられた背中を、僕は力いっぱい抱き締めた。 岡野「気持ちいい」 葛原「そう思えるようになったなら、成功だな」 岡野「思えるよ。もっともっとくっつきたいって……」 (葛原さんに会う前は、こんな風に誰かと肌を交わしあえるなんて、思わなかった……。だって僕は) 葛原「あまり考え事するな。いや、俺が何も考えられなくしてやる」 葛原さんが、僕を激しく穿つ。 岡野「ん……わっ……」 揺さぶられても、しっかり葛原さんの逞しい腕にしがみついてるから恐くない。 恐いのは、もっともっとって欲しがる自分の欲望だ。 岡野(これ以上ないくらい密着してるのに……まだ、足りないよ……) どうにかなりそうなくらいに鼓動が速まる。 いつしか葛原さんの言うように、本当に何も考えられなくなる。 熱い体温と鼓動を直に感じる幸せに、理性はあっけなく弾けて飛んでいったーー。
/36

最初のコメントを投稿しよう!