第2話

1/9
142人が本棚に入れています
本棚に追加
/36ページ

第2話

岡野「な、なにを言ってるんですか?」 資料室でガチガチと震えながら、そ知らぬ振りで返した。 葛原「お前なー」 葛原さんが、後ろ頭をかきながら、いきなり僕の手首を握った。 岡野「わっ!!」 反射的に手首をねじって手を振り解く。 葛原「そういう態度で、どう言い訳するんだよ」 岡野「…………」 葛原「都合が悪くなるとだんまりか?」 岡野(もう、ごまかせない) 一度、ぎゅっと目をつぶって、恐る恐るまぶたを開けた。 そこには、まっすぐに見つめてくる鳶色の瞳がある。 覚悟を決めるしかない。
/36ページ

最初のコメントを投稿しよう!