第1話

1/10
142人が本棚に入れています
本棚に追加
/36ページ

第1話

岡野(まさか、いきなり、葛原さんが触ってくるなんて……) オフィスの中なのに、指先が小刻みに震えて止まらない。 まなじりに涙が滲みそうだった。 薄い胸板の内側で、心臓が激しく脈打ってる。 葛原「どうかしたか?」 岡野「い、いえ……なんでもありません」 (人に触られると、どうしたって、震えが起きる……僕、人に触れられるのが怖いから……) 葛原「なんでもないわけないだろ?顔色が真っ青だぜ」 澄んだ鳶色の瞳を向けられても、視線を合わせられない。 岡野「ちょっと、貧血が……」 葛原「はあ?体、弱すぎだろ?とにかく、座れよ。そこが、お前の席だ」 岡野「すみません」 一歩、イスに座ろうと歩き出すと、足がよろめく。 岡野「っ!!」 葛原「岡野っ」 葛原さんが転びかけた僕のお腹のあたりに、さっと腕を差し入れる。 岡野「あっ」 おかげでどうにか、思い切りひっくり返らずに済んだけれど、ざっと肌が粟立った。
/36ページ

最初のコメントを投稿しよう!