一部 闇に浮かぶ業火と光 改修版

独りの光を持たない少女は独りの人喰いと出会った……

源蔵 治療のため療養中

2時間21分 (84,407文字)

226 837

あらすじ

 魔物が徘徊し、人は魔物の存在に脅えて暮らす世界。大昔には一匹の魔物のために一国が業火に焼かれた。  事件は詩人の歌として残り、人々はそれをその国の名前からとり”アーベの業火”と呼び恐怖した。  

シリーズタグ

感想・レビュー 5

「闇に浮かぶ業火と光」の感想。 エルシャが死骸の■■に当てられてぶっ倒れて、 三日後、宮殿の客間で目を覚ますくだりまで読了。 状況描写、セリフ、心情表現。 うまく書けています。 ここを変えた方
2件3件
こんばんは。 サークルより、小説を読ませて頂きました。 まだプロローグの段階なのですが、レビューにもありました様に、正統派のファンタジー内容で、見ていて飽きのない物語に引き込まれる素晴らしい作品だと思
1件1件
本は色々な気分で読む物で、私はこの作品を最近 寝る時に少しずつ読む様になりました。 今日は風邪でゴロゴロしながらですが… 私にとっては誰かが私を子供に帰して、不思議な世界を見せてくれているようです。
1件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る