『魂の子』

ー言霊の時代がありましたー 短歌の話です

仙 冬可

ホラー 完結
10分 (5,721文字)

28 159

あらすじ

僕は 探す。 歌を頼りに彼女の欠片を拾い集める。 ※作中に短歌が出てきます。 水野水乃さま主催の「エブリスタ怪談百物語」参加作品です /_event_view?e=133939

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 25

まるで黒澤清監督作品を観ているような感覚になりました 叙情的でありながら、どこかドライで個性を感じさせない主人公 そんな主人公が魅了されるリュウコさんの歌は、圧倒的な違和感を内包する不気味さを
ネタバレあり
美しい世界ですが、怖かった。 最初はただ調べてるだけのはずだったのに、いつの間に魅入られてたのか……大学時代の返歌の時なのでしょうか……それとも名前を呼んだ時か……。 いたはずの日常からいつの間に
ネタバレあり
4件
これもホラー…… 私が想像する『ホラー』とは一味違う、なんとも美しい世界でした。 短歌には暗いのですが、どの作品も美しく怖く、作者様が狙ったであろう『リュウコさん』のイメージそのものであるような気が
もっと見る

この作者の作品

もっと見る