1、ラストプレゼント

2/12
55人が本棚に入れています
本棚に追加
/27ページ
「さようなら」をはっきり告げないまま終わった。  個人ブログを閉鎖して、ラインでもブロックをかけて。  直接やりとりができるツールから手を引き、ナツメの秘密の恋愛は終わりを告げた。  謙介(けんすけ)とのラインのチャット履歴を削除した直後、リビングのドアが開いた。反射的にナツメはスマートフォンの画面をテーブルに着けた。 「おはよう」  ナツメは一吹(いぶき)を見て微笑んだ。  一吹はまだ瞼の半分しか開いていない目でナツメを見ると、無言で洗面所に向かった。一吹の細い背中を見送り、ナツメは着信履歴にも謙介の番号が残っていないか確かめた。  朝食の用意はしない。交際当初から結婚5年目の今日に至るまで、一吹が朝食をとったことは一度もない。  それが彼のライフスタイルだと、ナツメはよくわかっている。
/27ページ

最初のコメントを投稿しよう!