プロローグ

1/7
120人が本棚に入れています
本棚に追加
/40

プロローグ

獣のように四つん這いになった姿勢で、腰を高く掲げ上げている。 そんな自分のあられもない姿も、今は気にならない。 岡野「あ、いい……んっ」 鷲見「そんなに締め付けるな」 背後に覆いかぶさるように慶さんが僕に体を打ちつけてきていた。 逞しい胸で乱れる鼓動が、直に背中から伝わってくる。 そのたびに、最奥部を突き上げるもの。 岡野「やぁ……大きくしない……で」 鷲見「聞けない。お前が、かわいすぎるのが悪い」 艶のある声が、耳のすぐ後ろで囁いてきた。 岡野「んふっ」 慶さんが僕の耳たぶを噛む。 でも痛みよりも、甘美な疼きが背中を突き抜ける。 岡野(……感じすぎて……もう、……) 何度極みに押し上げられたかわからない。 それなのに、もっとと自分の奥が求めているのがわかる。 どくどくと脈動する熱に、羞恥も理性も、ふり捨てるしかない。 同じようにわかっている男が、背後で獣のように僕を翻弄していったーー。
/40

最初のコメントを投稿しよう!