第2話

1/10
116人が本棚に入れています
本棚に追加
/40ページ

第2話

夜更けのオフィス内でいきなり鷲見社長にキスされた僕は、うろたえまくる。 軽く背中に冷や汗をかいた。 岡野「……っん」 鷲見「慣れてないな」 ようやく離してもらえた後、鷲見社長はぺろりとくちびるを舐めた。 岡野「っ!!」 それがやけにセクシーで、カッと顔が火照る。 岡野「な、なにするんですか?」 気付いたときには、手が出ていた。 思いっきり鷲見社長の頬を叩いたぱーんという音が響く。 手のひらが、じんとしびれた。 鷲見「なかなか、効くな。ひょろいのに、やるじゃないか」 岡野「あっ……」 (どうしよう。クライアントを平手打ちするなんて!!) 鷲見「そんなに俺のキスは下手だったか?」 その言葉にもカッとなり、僕は急ぎ足になる。 岡野「失礼します」 そのまま、荷物を抱えてオフィスを出ていった。 扉のところで田村さんとすれちがったけれど、挨拶もなしに飛びだす。 田村「あ、岡野さ……」 岡野「っ!!」 その田村さんと一緒に黒い服のあやしげな男も一緒だったけれど、気に欠けてる心の余裕はなかった。 ただ、やけにネクタイをいい加減にしてることと、頬の傷は目の端に入る。
/40ページ

最初のコメントを投稿しよう!