第1話

1/13
116人が本棚に入れています
本棚に追加
/40ページ

第1話

鷲見「それにしても、ガリガリだな」 オフィスで僕を触ったあげくに、少し灰色がかった前髪を掻きあげながら、にやりと笑われてしまった。 岡野「い、今から成長期なんです」 鷲見「ふっ。それは、楽しみだな。どんな風に成長するか?」 岡野「っ!!」 (な、な、なんで、そこで舌舐めずりをっ!!) 面喰う僕を、鷲見社長はおもしろそうに見るだけ……。 鷲見「…………」 岡野(この人、なに考えてるかわかんないよ。でも、違う会社の社長だし、とにかく気にしないようにしよう……) と、思っていたのに、その考えは見事に裏切られる。
/40ページ

最初のコメントを投稿しよう!