最終章 『祭りのあとに』

74/130
33766人が本棚に入れています
本棚に追加
/606ページ
「うん、ええわ。これなら着崩れせえへんよ。よう似合ってる」 狭い着替えスペースで美恵子さんは、私の帯を結んでくれたあと、どこか誇らしげに強く頷いた。 そんな彼女は薄紫の爽やかな浴衣を着ていた。 さすがは長年の京女。 しっかりと着慣れた感じで、着こなしが板についている。 「ありがとうございます。美恵子さんの浴衣も素敵ですね」 「おおきに。これ、ええやろ、色が気に入ってんねん」
/606ページ

最初のコメントを投稿しよう!