黄昏の術師会(チャディア・クアラ)

1500年前の伝説が、幽かな光とともに蘇る――。

ヒロヤ

3時間30分 (125,776文字)
ハイファンタジーに属する作品です。初期作品なので色々とご容赦ください。

174 190

あらすじ

☆スマホ小説大賞2014最終選考の応援ありがとうございました! ☆特集からお越しの方、誠にありがとうございます! **  ――将来をぼんやりと描く少年が、誘拐現場に遭遇。  さらわれた謎の未亡人が落

シリーズタグ

感想・レビュー 1

とても丹念に練られた深いお話でした。独特の文化や生活が違和感なく描かれ、登場人物一人一人の背景や個性も丁寧に作られていました。おそらく、周到に世界観や人物像を練られたのではないかと思います。 個人的
3件1件

この作者の作品

もっと見る