真相

1/3
1158人が本棚に入れています
本棚に追加
/39ページ

真相

心臓は、もうこれ以上早く鼓動しないと思うほど、 ドクドク、ドクドク鳴っていて、 足は、今すぐこの場から逃げ出したいって言ってる。 一瞬だけ裕を見ると 小林に向けられていたその瞳は、 チラッと私の方へ視線を移した。 目が合った瞬間、 ドンって音がするほど脈打った心臓。 裕… お願いだから… 何も言わないで… 裕がどう思ってるかなんて知りたくなし、 何も聞きたくない。 思わず両手で耳をふさいでしまいたくなった。 でもそれはできなくて その代わりに、ぎゅっと両目をつぶると 「俺はいい部下を持ったと思ってる、朝倉も小林も」 自然に止めてしまっていた息が、 その言葉を聞いて はぁ…っともれた。
/39ページ

最初のコメントを投稿しよう!