過去の虚構

2/14
2119人が本棚に入れています
本棚に追加
/40ページ
「でも会えば普通に 喋ってくれるし 嫌われたわけじゃ ないのかなって それだけが救いだった……」 「お姉ちゃん……」 やっぱり…… 寿々花は気付いていた。 気付いていて 気付いていないフリをして 変わらず明るく 優しい姉として 振舞ってくれていた。 私は一体どれだけ姉を 苦しめていたのだろう。
/40ページ

最初のコメントを投稿しよう!