第7話  片恋のアルペジオ 1

25/40
256人が本棚に入れています
本棚に追加
/40ページ
一瞬の間の後、竹山が口を大きく開いた。 「責任は、ちゃんと取ります。私は、自殺を馬鹿にする奴らが許せないんです」 二度目のセリフに、言葉が取り出せなかった。 「まあ~、そんな訳で~、こんな作戦、絶対、竹山さんは許さなかったでしょ~」 鳥居の言葉に、竹山は口を閉じる。 「…それが、竹山さんの良さですから…」 風間は小さいが、はっきりと言葉を吐く。 皆の後ろに居る望月が、うんうんと頷いている。
/40ページ

最初のコメントを投稿しよう!