第8話   温かいオト 1

28/29
220人が本棚に入れています
本棚に追加
/29ページ
「しゅぎょー」 「はい、巨悪な敵と戦う為に、そこにいるおじちゃんに教えてもらいながらね」 「あっ、お姉ちゃんも、けいじさん?」 「かりんちゃん。どうして、兵庫県警に行きたいの?」 リリコの代わりに、竹山が遅い質問を返す。 「竹山さんて、何にも知らないんですね」 「ああっ?」 「間違えました。聞かないんですよね、何も」 リリコが口を動かしていた時、部屋の扉が外から大きく叩かれた。
/29ページ

最初のコメントを投稿しよう!