悲哀

81/102
58人が本棚に入れています
本棚に追加
/556ページ
グレン「がはぁっ…!?」 龍二「お前のことだこのクズ野郎ぉおお!!」 龍二の怒りの拳がグレンの腹に直撃、 強烈な一撃をくらったグレンはその場に膝をついた… スラング「グレンさん…!?」 鴉田「何さらすんじゃボケェ!!殺すぞコラァ!」 グレン「待て…!手出しは無用だよ君達…!ここはひとつ彼と一対一でやらせてくれ…」 龍二「立てよ!百さんの苦しみはこんなもんじゃねぇぞ!!」 グレン「ゲホッ…!君は本当に素晴らしい…! 今の一撃だけで十分な戦闘データが取れたよ!! けどねぇ、私もやられっぱなしのつもりはないよ、 もっとデータを取るために…君の相手をさせてもらうよ!」 グレンは何事もなかったかのように平然と立ち上がり、 自身のオーラを全開にして臨戦態勢に入った… 龍二「上等、その取ったデータの記憶がぶっ飛ぶぐらいボコボコにしてやる!」
/556ページ

最初のコメントを投稿しよう!