結び目(改訂版)

永久に刻まれる懐古の想い

中杉紘史

55分 (32,792文字)

5 67

あらすじ

昭和62年。昭和の末期。まだ携帯電話も、なかった時代。 高校2年生の月子は、自分自身を見つめ直す、そんな一人旅を、決行しようとしていた。 12年前に、自分を手放した、産みの母(陽子)に会いに行く。育て

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る