明星―2

35/35
5867人が本棚に入れています
本棚に追加
/35ページ
「……起きてたの?」 「……いや?」 思わずついた小さな嘘 結局この期に及んでもまだ、俺は素直に言葉を口に出来ない 「……んー」 もそっ、と。 美紗緒が頭を俺の胸元に埋めてきてそう唸る 「もちょっと寝る」 あー。 あー、なんだ。 ぎゅっと抱き締めたいのを我慢して。俺はちっこい後頭部に手をのせた 愛しい気持ちが、暖かく身体を包む ――俺、コイツのこと 一生大事にするよ ――つづく
/35ページ

最初のコメントを投稿しよう!