神様なのに

1/18
10人が本棚に入れています
本棚に追加
/46ページ

神様なのに

おい!おい!おい!ヤバイよ!ヤバイよー! この小さな島国 吹けば飛んでしまう小さな日本に なんて超難問持って来る~~~~~~! 「ちょっとお姉ちゃん!あんたどういうつもり?みんな巻き添えにする気なの!」 現在私コノハナサクヤ媛は天の岩戸に閉じ込められている。 「あんた超頭悪くねー?あたしらを邪魔にしてるのは、あのオジンらに決まってるって!」 横から突然の突っ込みありがとうございました。 電話の向こうは 「ニヤハハー!イワナガ、イワナガ、お・る・す。只今婚活真っ最中なんてね!」 あの馬鹿姉~~!! 留守電にしてやがる。 「なんかおかしくねー?」 姉だけ別の場所に迷子が? 「そういうんじゃなくてー。婚活っていうより………あのオジンさぁ………。」 そう結婚出来ない代名詞の姉は……… 強烈に病を拗らせている 合掌 チーン 「姉がいけないのよ!私ちゃんと婚カツを手伝って男紹介しただけなのに………何回も、断るなんて……ウヅメさんだって手出ししないのに!?だから夫が…姉の彼氏とラブホテルから、出て来ないなんて!!」 この次は、泣いた方がいいんだろうか?
/46ページ

最初のコメントを投稿しよう!