第1話  メンヘラ刑事 2

2/30
273人が本棚に入れています
本棚に追加
/30ページ
車から降りた竹山に、野次馬の向こうから怒鳴り声が近づいてくる。 声の主は、兵庫県警捜査第一課殺人犯捜査第三係のベテラン刑事桜田だ。 定年を二年後に控えている桜田は、草壁と正反対だ。 事件が起これば所轄よりも早く現場に現れる。 現場を仕切り、そして、何かと捜査第一係に立てつく。 「…さーせん。今日、新人が入って、…教育してたもんで」 「ああ? 一係の新人やなんて、こっちはまだ知らされてねえぞ!?」 刑事として、大先輩にあたる桜田。 竹山には、小うるさいやっかいなロートルだ。 うるせえなあと思いながら、話しを逸らす為、事件の概要を尋ねる。
/30ページ

最初のコメントを投稿しよう!