紺屋高尾

古典落語の大ネタ。人情噺の名作紺屋高尾を彼女の目線でどうぞ

鳥越丈二郎

ジャンル未設定 完結 過激表現
7分 (4,190文字)

36 192

あらすじ

江戸吉原遊郭の名店三浦屋に、高尾太夫という吉原一の全盛がいた。 松ノ位の大名道具とまで呼ばれた彼女に言い寄る男は、殿様や豪商旦那など毎夜尽きることはない。 しかし高尾はそんな男たちに振り向くことは

タグ

タグは登録されていません

感想・レビュー 21

すごいいい話でした! ありがとうございます^^
1件
色々な事、まったく知らずわからずに拝見させて頂きましたが なんと奥深い、情緒的な物語なのかと 鳥肌がたちました。 高尾の聡明さ、芯の強さ、魂の純粋さに惹かれました。 短編以上の物を頂きました。
1件3件
スミマセン!!陳腐な言葉しか出てきません。 すごすぎて、面白すぎて、感動して… 史実を読んでいるかのような、ナチュラルなストーリー展開。 私、歴史のお話好きなんですけど、大概堅っ苦しい言葉の
ネタバレあり
2件
もっと見る

この作者の作品