欲情2

3/35
4910人が本棚に入れています
本棚に追加
/35ページ
「用ないんなら、も――」 「お前、まだ部下に手を出してるのか」 地を這うほどに低い声 でも――少し嘲笑うかのように軽く 親父は呟いた 「そうだけど」 「……そうか」 途端に、声が鈍く響いた 「――そこそこにしておけよ」 「何が?」 「お前はわかってない」
/35ページ

最初のコメントを投稿しよう!