すて猫ロボット

ある日、幸子が拾ってきたのは、ロボットの猫だった

赤羽道夫

ホラー 完結
9分 (5,145文字)

9 14

あらすじ

精巧なペットロボットが家庭内に普及するようになってきた。 愛情をそそぐ家族に囲まれているが、生きているペットと違い、電子眼の奥でなにを考えているのかは、飼い主にはわからない。 (5142文字)

タグ

感想・レビュー 1

ホノボノ系かと思いきや、だまされちゃいました。ジャンルをよく見なかったとも言えますが。 動物にしろロボットにしろ、人間がペットをして「この子は可愛くて良い子だから」なんて思うのは、自惚れのようなもの
ネタバレあり
1件

この作者の作品

もっと見る