第六話

1/40
1300人が本棚に入れています
本棚に追加
/40ページ

第六話

ふわふわ 揺れるように優しく――。 時折奥まで激しく動く彼に翻弄される――。 「……ンッ……好き……です……」 わたしの気持ちを知ってほしい。 でも伝えきれなくて、わたしへの欲情に応えることに精いっぱいで……。 戸惑いと、気持ち良さの狭間で揺れるわたし。 出逢ったばかりで、まだ付き合ってもいないのに。 好きだという気持ちだけで、身体を重ねたのは初めてで……。 「わたしだけを見てください……」 どれだけ身体を重ねても、残るのはその欲求。
/40ページ

最初のコメントを投稿しよう!