プロローグ

3/6
17人が本棚に入れています
本棚に追加
/158ページ
~とある女子高生の独り言~ 無事に二年生に進級し、何事もなく日々が過ぎていく。 友達も同じクラスになって有頂天になるのもつかの間、早々にテストって……先生鬼だよッ!! ま、まあ……新学期早々のテストは平均並を撮ることが出来たからなんとかクリアしたのは言うまでもないことだ。 夏が近付いてきたこの時期にもやるんだってさ。先生ってテスト好きなのかな…… ハァ、あまり勉強していないから成績落ちてなければいいけれど…… 成績も並、容姿も並、どこにでもいる女子高生です。 そんな私に、この先の運命が変わってしまうような出来事が起きるなんて……誰が想像したの!? 運命は信じないと思っていたけれど、貴方と出逢えたことだけは……感謝しようと思っている。  
/158ページ

最初のコメントを投稿しよう!