仕事を頂戴【完】

1/7
251人が本棚に入れています
本棚に追加
/25

仕事を頂戴【完】

「王様さぁ」 甘い甘い、蠱惑的な声が寝室に響く。 肌触りの良いキングサイズのベッドの上に、二人の男が横になっていた。 「何だ、ユサ」 それに返すのは凍てついた、とても鋭く冷たい声。 この国『ハゼル』を統べる若き王である。 それに臆することなく、ユサと呼ばれた男はごく自然に腕を男の首に絡めた。 形の良い鼻が、男の耳すれすれに近付く。 「最近俺に仕事くれなくなぁい?俺そろそろイキたいなぁ」 「俺といるのは退屈か」 「違うよーそんなんじゃなくてさー」 「なら何だ」 「俺、そろそろヤらいと腕が鈍りそーなの」 無表情で黙り混む王を、ユサは甘えをのせた瞳で見つめた。 琥珀の瞳がキラリと光る。 「王様はもう殺して欲しい人いなくなっちゃったの?最近ぜんぜんお仕事くれないしー。なら俺もう必要ないよね?コレ、外してよぉ」 コレと言って足を振ると、ジャラリと場違いな音がその場に響いた。 細く雪のように真っ白な足首に、無骨な銀の鎖が巻き付き己を主張する。 「俺が王様を殺し損ねて、王様が俺を殺さないかわりに、安く王様からの仕事を受けたげるってのが俺らの契約でしょ?」 「そうだ」 「王様は偉いから、殺して欲しい人たくさんいると思ったのに。俺まだ5人しか殺してないんだけどー?」 「そうだな」 「何か鎖付けられるしー王様はやっぱり俺を殺したいの?」 「違う」 「じゃあ何?俺さっさと殺して稼がないと。弟もいるし、王様と違って俺貧乏だからさ」 黙り混む王に、ユサは苛々と爪を噛んだ。 「俺は暗殺者何だよ?人を殺さないといけないの!たった一つの仕事を失敗するだけで、依頼率がめちゃくちゃ下がるの!」 「分かっている」 「だったら仕事を頂戴よ!俺が暗殺辞めたって噂流れたらどうしてくれるの!?それともなに、殺して欲しい人いなくなったから俺にもう殺すなって?国を乱すなって?ふざけないでよ!!」 怒鳴るユサに王は静かに口を開いた。 「嫌なんだ」 「…何が」 「お前に殺しをさせるのが」 「っは…王様バカ?ソレ、俺に死ねっていってるのと同じだよ?」 「知ってる」 「王様は俺に死んで欲しいの?飢えて死ねって!?そりゃ確かに殺そうとしたけど仕事だっ「俺と」…なに」 「………俺と、暮らせば良いだろ」 キョトンとユサが首を傾げた。
/25

最初のコメントを投稿しよう!