36/36
2766人が本棚に入れています
本棚に追加
/36ページ
程無く携帯が震える。 「もしもし」 「外にいる、降りてきて」 もちろん、それだけで切れた通話。 何秒? 3秒くらい? 乾いた笑いを顔に張り付けて下に降りた。 こないだとは違う車に乗っていた若先生。 黒ぶちのメガネを掛けて少し高い位置からあたしを見下ろす。 「乗って」 開けられた運転席の窓から聞こえたその後ろのドアに手をかける。 「ワザワザ後ろに乗るんじゃねーよ」 一旦ドアから手を離し、クルリと向きを変えて助手席へ移動。 「失礼します」 と、乗り込んだあたしに見向きもせず、カチャリとシートベルトを締めた音が聞こえたのを合図に車は動き出した。 な、なんだかヤな感じ。 心の中で悪態をついて、窓の外に目をむけた。 メガネを掛けた若先生って、なんとなく新鮮で。 ちょっと違うヒトみたいで。 気恥ずかしくて、見られなかった。
/36ページ

最初のコメントを投稿しよう!