忘れ得ぬ一夜

8/52
2259人が本棚に入れています
本棚に追加
/55ページ
「そうですね。ぜひ、ご一緒させてください」  大丈夫、別に現場に達哉がいるわけじゃない。彼と顔を合わせることなんてないはず。  内心の動揺を押し隠し、私は課長に笑みを返した。 「良かった。建設部の連中も、俺だけ行くより麻倉も顔出してくれた方が嬉しいだろ」 「はは、どうですかね」  憂鬱だった心がほんのちょっと軽くなる。  課長は本当に私の気分を上げるのがうまい。 「じゃあ30分後。今日は俺が車出すから」 「わかりました。お願いします」  沖縄出張の手配を済ませて支度をし、私と課長は久しぶりの現場へと向かった。
/55ページ

最初のコメントを投稿しよう!