3 #2

1/23
2198人が本棚に入れています
本棚に追加
/35ページ

3 #2

「森園…何でも一人で背負い込むな。たまには弱音ぐらい吐けよ」 それが出来てたら、初対面の男と一夜を過ごすなんて羽目にはならなかったよなぁ… なんてことをつい考えてしまう。 いかん。思考が岸谷に流れる。 「ガラじゃないですから」 「お前は…ったく」 素っ気なく応えれば、課長は目を細めて諦め顔。 「あれから、全くか?」 「は?」 「男だよ」 「なッ!何、言ってるんですか!?」 「だって、お前、彼氏いる感じがねーし」 あーあーあーあー! 何で、今、その話題振るかなーー!? 一気に顔の温度が上昇する。 「今の、セクハラ発言ですからね! ほら、アホなことばっかり言ってないで、さっさと仕事してください」 「お前、上司にアホって…」 だって、このタイミングで、そんな話をする課長が悪い! ・
/35ページ

最初のコメントを投稿しよう!