かじりつくされたリンゴ

生みの苦しみを描いた1作品

梅屋潤

8分 (4,547文字)

1 6

あらすじ

来る日も来る日も泣いて叫んでぎりぎりの精神で生きたいと足掻く だからまた身を削る かじりつくされて身のないリンゴに 涙を落として―― 表紙担当:かのん様[link:crea

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る