あとがき

3/3
5211人が本棚に入れています
本棚に追加
/429ページ
私は単純に小説が書くことが好きなので、私を認めてくれたエブリスタで、これからも小説を書いていこうと思います。 そして、非常に申し訳ないのですが、この作品を読んでくださった皆様に宣伝をさせてください。 私は、いろいろな種類の本を書こうとしました。 しかし、結局私は闇を背負った人間がゲームをするという内容の小説、まあDeath Penaltyと同じような設定の小説ですね。 それを書きたいと思い、新しく書き始めました。 まだ、書き始めですが、私はすごく面白いものが書けていると自負しています。 だからこそ、この小説を最後まで読んでくださった皆様に、ぜひ読んでいただきたいと思います。 小説名" ダイスワールド" というものです。 宣伝になってしまい申し訳ないのですが、興味のある方はぜひ読んでください。 ただ、そこで一点おねがいしたいのが、私の感性と皆様の感性が違うことがあると思います。 もし面白くないと感じて続きを読む気が起らなかった場合、しおりをはさまないでいただけるとありがたいです。 私は、主にしおり数でどれだけの人が読んでくださっているのかというのを判断しております。 だからこそその判断要素をしっかりとさせるため、面白くないと思ったらしおりを挟まないでくださるとありがたいです。 宣伝のうえ、要求までつけて申し訳ないのですが、可能ならよろしくお願いいたします。 最後にこの作品の今後ですが、当面は書かないと思います。 一応私の中で今回の作品で私の望む形でシリーズ完結できたと思っておりますので、これから続きをかくのは無粋かなとも思ったので、おそらく書かないかなとは思っております。 さて、あまりだらだらと書くのもあれなので、そろそろ終わろうと思います。 最後に繰り返しとなりますが、小説Death Penalty、読者の皆様、運営のみなさま、本当にありがとうございました。 以上です。 では、失礼します。 人九 間四朗
/429ページ

最初のコメントを投稿しよう!