この心に宿るから《前編》

「お帰り、大地。あんたを…ずっと待っていたのよ」それは不思議に愛しい感覚だった。

一茅 苑呼

恋愛 休載中 過激表現 図書券利用
14分 (7,809文字)

264 398

あらすじ

あらすじはありません

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません