勇者、食卓に並ぶ。

3/4
216人が本棚に入れています
本棚に追加
/10ページ
火を使いたかったので、少し広い場所に移動する。 簡単な竃を組んで、水を沸かしスープを煮込む。 乾燥した野菜と干し肉を入れて、味を整えていると隣に座った子供から、ゴクリと唾を飲み込む音が聞こえる。 堅パンを薄くスライスして、チーズを少し乗せて火で炙ると、香ばしい匂いがしてくる。 「熱いから気をつけろよ。」 そう言いながら子供に渡すと、ハフハフ言いながらかじり付いた。 「この領地は、ハペスト様が領主の筈だが、近年は特に不作の話しも聞かない。 領民が、飢えて困る事等無いはずだが?」 確か、立派な人物だったはず…。クリスは、ハペストの顔を思い出す。 父親に確認を取ると、大きく頷いた。 確か温厚な人柄だった。 「それが、最近領主のハペスト様が病に倒れ、嫡男のトーリオ様が執政をしてから、納める額が大きくなって…。」 今までが少なすぎて、領地経営も破綻寸前と言われ、強制的に搾取されてしまったとか。
/10ページ

最初のコメントを投稿しよう!