蟲貴族編②

19/53
13303人が本棚に入れています
本棚に追加
/1204ページ
数十秒の沈黙の後、「……君だけは守った」 そう言った瞬間、心路のビンタが、国生の頬を叩いた。 彼は悲しい瞳で心路を見つめると、こう言った。 「君がこの膨大な数のエキゾチカを手に入れたとき……僕は君の人生から不必要になる」 その発言で麻衣は思い出した。 ──かつて、心路の青春の安息は国生一色の存在のみだった。 しかしエキゾチカと出会い、彼女は奏那、麻衣、津葉佐というトモダチを得た。 それによって、国生という心の支えがじょじょにいらなくなっていた。 当時の彼女に必要だったのは、あるいは心から求めていたのは、背伸びした恋愛ではなく、互いを罵倒し成長し合う──親友だった。 「先生は……心路を引き留めるために……エキゾチカを奪ったの……?」 麻衣の呟きと同じことを、心路も気付いていた。 国生はそっと、心路の頬に触れた。彼女は拒否せず、ただじっと、恐ろしく冷たい目でかつての恋人を睨んでいた。 その静かな視線は、青虫が葉を喰い散らかすように、彼の心を蝕み、暗い感情を広げさせた。  
/1204ページ

最初のコメントを投稿しよう!