タイトルについて

1/1
2人が本棚に入れています
本棚に追加
/132ページ

タイトルについて

実は初めは有色ではなく無色にしようかと思っていたけれど、例え日々平穏であっても、一日中家の中でダラダラと過ごしていても、何かしらを目にし、何かに触れ、何かを感じるわけで。 ましてや一歩外に出れば眩しい日の光りがあり、或いは風の匂い、雨の冷たさ、行き交う人、様々な音も溢れ、その気配全てを「色」と捉えるならば無色というより逆に有色なんじゃないかと。 触れる色に何かしら感じる自分も勿論有色。 だから毎日が喜怒哀楽、その喜怒哀楽が色になる。 結論 はい、書いたばかりのタイトルをものの数分で変更決定~ と御託を並べてみたところで、多分毎日は書かないだろうし書く時間も無い。 それでも何か感じたことがあった時にさっと書ける場所が欲しくて、その時々の自分の色を見る場所になればいいかなぁと。 たまたま目にした人が不快に思うこともあるかもしれませんが、色合いでも相性の悪い組合せがあるように 人にも全く違う考え方や感じ方の人が居て「なんかこの人とは合わないな…」て思う人も、反感を覚える人も居るかもしれませんが、その際はこういう色の人なんだと見なかった事にして頂ければ幸いです。
/132ページ

最初のコメントを投稿しよう!