無人の境目 SW.series 1

朝の日差しは夜との決別。 それは新しい命の誕生に似た、恐怖感。

珈琲まめ

5時間12分 (186,787文字)

36 476

あらすじ

珈琲豆と魔女をブレンドしました。暖かい一杯をお読み下さいませ。 重い宿命を背負う「紅い魔女」紅我 煽(こうが せん)と、 その使い魔となり「無人の境眼」を通して繋がる影平 流(かげひら ながれ)の戦

シリーズタグ

感想・レビュー 2

先が気になる。更新がんばってください(*^^*)
1件1件
不思議な物語世界でした。人間味溢れる人物造形と関係性の設定、自分探しと他者との絆の構築という普遍的かつ深遠なテーマ性巧みな伏線を張り、含みを持たせた表現でハラハラさせる展開など、魅了がいくつもあり楽し
1件1件

この作者の作品