望まぬ再会 ♯2

1/35
414人が本棚に入れています
本棚に追加
/35ページ

望まぬ再会 ♯2

よし……行ってみるか。 そう決意し、俺はビルとビルの隙間から顔を覗かせた。 何も、一気に駆け抜けようってわけじゃない。 次の身を隠せそうな場所まで走るだけ。 そうでなければ、いくらポーン程度では俺の相手にならないと言っても、消耗するのは目に見えているから。 日本刀を構え、飛び出すタイミングを図って……俺は路地から飛び出した。 その瞬間、俺に気付いて怪物達が一斉に視線を向ける。 見られるだろうってのは分かっていた。 だけど、見付かる事はさほど問題じゃない。 見付かっても斬り捨てれば良いだけなのだから。 「グルルル!グワアッ!!」 ポーン達が……餌と判断したのか、俺に向かって走り出す。 牙を剥き、よだれを垂らしながら。 道路を埋め尽くす程の数の怪物が、我先にと俺を食おうと。 「喰われてたまるかよ」 俺はその群れに向かって走り出し、グッと握り締めた日本刀を振り上げた。 そして、上半身を後方に捻り、飛び上がった俺は、正面のポーンの頭部に日本刀を振り下ろしたのだ。 身体を回転させながらも、次のターゲットに目を向けて。
/35ページ

最初のコメントを投稿しよう!