逃がさない

12/22
238人が本棚に入れています
本棚に追加
/82ページ
そして、中3 俺は親父の転勤で隣の県に引っ越すことになった。 りのに言おう 言わないと。 それで、"好きだ"って。 "俺と遠恋してくれ"って そう思うのに 臆病なココロはそれを実行に移さなかった だって、何て言えばいい? "あのときはごめん"? まだりののいじめは続いてるのに? りのは、俺を嫌いになったんじゃないか? 誰だって、あんなこと言われれば傷つく。 あぁ、なんであの日すぐに謝らなかったんだろう。 すぐに、噂を否定しなかったんだろう "りのは俺の彼女だ" そう声を大にして言えば良かった。 噂されても、なんでも 大事なものを失うくらいなら、恥なんてどうでも良かったのに だって、君の笑顔を思い出したいのに もうそれは遠い記憶で 朧気にしか、思い浮かばないんだ。 俺は、結局りのに言わずに転校した。 "俺が居なくなれば噂もなくなる"と、そう言い訳をして。 ーー・・・結局あの後もりのは一人でいじめに耐えたのだと 知ったのはおろかにも二十歳の同窓会で、だった *****
/82ページ

最初のコメントを投稿しよう!