あとがき

1/2
582人が本棚に入れています
本棚に追加
/218ページ

あとがき

ふー、憑りつかれたように書いたフォロワー完結致しました。 皆様の温かい応援にすっごく励まされました。ありがとうございました。 毎日数少ないスターを下さったり、更新の度に覗きに来て下さったり、個人的に応援コメをあちらこちらで頂いて本当に嬉しかったです。 初ホラーを書くと言う事で、某所でもうすぐコミックス出る偉い方とホラーって何が受けるんだろうねえなんて話をしていたわけです。で、フォロワーというタイトルをあげようと言われ、フォロワーフォロワーと考えていたら、高校生限定SNSというのを思い付いたところから始まりました。 参考にしたのはですね、勿論有名なツイッターさんです。後は都市伝説とか色々読んで私なりの都市伝説的なものを作ろうかと。 とりあえず書きだしちゃうかと言う事で、主人公彗太を作ったわけです。 実はほぼ一人称書きの私が、初めて三人称を書いた作品でもあります。未だにちょっと戸惑いがありますが。一人称のように入り込める三人称、そんなイメージで書きました。 最初はジュノンだしって事で、彗太は俺喋りの男のだったんですが、私どうも苦手なんですよね。荒々しい系の話し方。なので、途中で彗太と祐の性格をくるっと入れ替えました。 初めの冒頭シーンで若干ホラー感を出したつもりですが、その後はまあ書いているの私なので、いつもと変わらずキャラクターを掘り下げていくという作業を行いつつ書いて行きました。 それぞれのキャラクターに悩みがあり、秘密がありと言ったところでしょうか。 途中から、名前を決める時間も厳しくなってきて、クリエイターの皆さんに名前借りをお願いしました。皆さん揃って、惨殺していいですよと言って下さるという。優しいですねえ。本当にありがとうございました。 個人的には在多、流星のペアがとっても気に入ってます。途中から主人公誰だっけ状態でしたね。てへへ。 実際のクリエイターのお二人にも非常に色々なインスピレーションを頂いていまして、流星さんの絵がなかったら、ありたまゆりというキャラを使う事もなく在多、流星ペアは登場してなかったと思います。
/218ページ

最初のコメントを投稿しよう!