【俳句】夏から晩夏へ

恋へ狂へ わななけ雄蝉 命果つまで (字余、乃至異形式、即ち旋頭歌片歌)

○●△▼◇◆□■

2分 (929文字)

3 12

あらすじ

<季題> 蝉(雄蝉) <季節> 夏(初夏を除く)、晩夏を念頭に

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る