エピローグ

7/7
639人が本棚に入れています
本棚に追加
/217ページ
  「あ、ごめんなさい。着信に全然気づきませんでした」  何故か棚橋が謝り、頭を下げた。それを見て、冬馬はやっと気づく。棚橋が持っている携帯電話が、自分の物であることに。 「はい、お返ししますね、冬馬先輩」 「おい。いつの間に俺の携帯電話をくすねやがった」 「あ、冬馬先輩が教室からトイレに行った時です。二年生の教室に入るのは少し恥ずかしかったのですが、幸い先輩のおかげで初めてではなかったので、結構堂々と盗ることができましたっ」  冬馬は、姉と妹以外を女とは思っていない。なので、少し強めに、棚橋の頭を殴った。 「いったーい!何するんですか先輩っ!せっかく、私の写メを待ち受けにしておいたのにっ!」 「余計なことすんじゃねぇよっ。ったく、面倒臭い」  二人のやり取りを、真冬と千鶴は嬉しそうに眺めていた。  確かに、冬馬は棚橋涼子が苦手だし、正直二度と図書室に来ないで欲しいとさえ思う。  けれど、こうやって姉と妹が揃って笑っている姿を見られる奇跡が、こいつの厄介な悪癖のせいであることは否定できない。 「うぐぐ、例え殴られても、私は冬馬先輩を諦めたりしませんからね。ずっと纏わりついて、面倒臭い毎日を提供し続けてやりますからねっ!」  だから、冬馬は今日も溜め息を吐く。 「勝手にしろ」  こうして、今日も明日も、日下部冬馬の面倒臭い学園生活は続く。 Fin.
/217ページ

最初のコメントを投稿しよう!