午前の針穴 午後の洞窟

ぽっかりと予定の空いた午後、僕は僕を持て余す

仙 冬可

ミステリー 休載中
15分 (8,454文字)

14 366

あらすじ

いつの間にこんなに自我が拡大して 検証実験のような日々を重ねるのだろう。 妻が家を出た。 昔の知り合いの結婚式だという。 僕は独身時代のように思考の海に浮かぶ。 浅瀬に遊ぶ木片のようなつもりでい

タグ

感想・レビュー 1

丁寧な描写が素敵です
1件

この作者の作品

もっと見る