24

32/36
1636人が本棚に入れています
本棚に追加
/36ページ
写真に写るのは テーブルの前側におとうさんと、お母さん そして、テーブルの後ろに志伸さんとあたし。 みんなが笑顔なのに あたしだけ笑えないのは このちょっと前に 志伸さんがあたしの初めてを貫いていたから。 ぐちゃぐちゃの、グルグルで あたしはずっと訳が分からなかった。 「華ちゃん、笑ってないのがもったいないな」 「……ほんと、だねぇ あ、中2っていったら難しい時期だから、かなぁ あたし、覚えてないや」 気を逸らすのにページをめくって 写真を見てみる。 だけど、あたしと志伸さんの写っているモノって どれも、これもそんなストーリーがあるような モノばっかりで ホントに苦しくなった。 最後のページに入ってたのは この間の吉田ファミリーとの食事会の時のモノで 吉田弟だけが、カメラを睨んでいて 「オレ、祐介君にはどうも嫌われてるみたいでさ」 ポツリと呟く志伸さんを見て どうやら、あんまりヨクナイ雰囲気になりそうな気配を感じる。 目の周りに流れてきたのは きっと、涙だ。
/36ページ

最初のコメントを投稿しよう!